新マスザワ日記~きなことの楽しい生活~

マスザワ携帯HP

活動歴6年を迎えるインディーギターロックバンド。増沢(Vo,G)、千葉(Vo,G)、中西(Dr,Cho)栗原(B,Cho)の4人組。結成当初から「楽しくやる事」をコンセプトに活動している。当初から、ライブではお笑い芸人顔負けのMCをかまし他のバンドとは一線を画す楽しいライブを行って来たが、06年に栗原の加入により楽曲のクオリティも目覚ましい成長をとげる。
誰にでも分かる曲の良さ&キャッチーさと、見ている人を笑顔にする事ができるインディーギターロックバンドとしての唯一無二の地位を確立する。2009/4/2に3rdフルアルバム「.」(ドット)をリリースして4月から全国ツアー6/25にファイナル渋谷クアトロワンマンを行う。



RELEASE INFORMATION
girlhunt
New Album
「.」

'09/04/02onsale
FLOWER-102
2,100YEN (tax in)

1/新ガールハントのテーマ
2/瞼の裏
3/POTOF~LIVE at N.Y.CITY~
4/僕のすべて
5/2009年紙飛行機の旅
6/胸を叩かれているようなこの痛み
7/マンデリンフレーバー
8/高円寺エレジーズ
9/僕らを含む全ての売れないバンドマンに捧ぐ
10/夢の続き
11/マジカルミステリーアワー


僕のハートは若いか?
先日、いつもお世話になっている方にあるDVDを借りました。

「ヤング@ハート」

皆さんご存知?僕は失礼ながら全然知らなかったんですが、是非にとお勧めされたので観てみました。

おおまかな内容を書くと、お年寄りが集まってコーラスバンドを組んでライブをやるというドキュメンタリー映画なんです。しかも歌う曲がソニックユースだったり、クラッシュだったり、ラモーンズだったり、ジミヘンだったり、超ロッキンなわけです。それをお年寄りがやるもんだから、最初は全く歌えなかったりするんです。

僕のイメージだと老人って若者が聞くロックとかに対して、全く理解を示さないって感じだけどもね。彼らは「面白い」とか「良い曲だ」
とか言いながら(勿論、嫌がる人もいる)必死に練習するんですよ。

その練習風景からライブ当日までを追うんです。とにかくみんな楽しんでるんだよね、音楽と人生を。バンマス的な若い人がいて、その人の指示でリハをしていくんだけども、うまく行かなくて怒られたりするのも含め、みんなしっかり生きてる。活き活きしてるってのかな。

生きる事と音楽が、非常に素晴らしい形で結びついてるんです。「一所懸命練習してコンサートで歌う事が生きがいだ」ってみんな言って。

自分がバンドをやる上でとても大切なものを教えてくれる映画でした。や、それよりも自分の人生に対してかな。なんか僕は「あぁ音楽を好きになってよかったな」って思ったんですよね、彼らが必死に歌う姿を見て。

あとね、日々何となく無気力だったり、怠惰に過ごしてしまうのが申し訳なくなる。ビビットに生きたいものです。

皆さんにもお勧めです。

そして今日のライナーは30過ぎた奴らのバンド「noom」のイベント。元チキサウンズの長坂君のバンドなんだけども、音楽を楽しんでるライブって見ていてホントに素敵だと思う。今リハ中ですが、楽しみです。

今日の体重:58.8キロ
今日の体脂肪:12.3%

そろそろ気をつけないと・・・。
[PR]
by emm_girlhunt | 2009-07-23 17:53 | Comments(2)
Commented by ロドリコ at 2009-07-23 22:28 x
ヤング@ハートは面白い。
死に花のロックver.だ。
私もそんな老人になりたい。
マスさん頑張ろう。
決して世界がモノクロになってしまわぬよう。
Commented by kna at 2009-07-23 22:57 x
私もガールハントや、好きなバンドのライブを見たり、
良い曲に出会えたりすると、
「音楽が好きで、こうして生きて、元気でいられて良かったな~」
っていつも思います。
感謝です。
私も映画見てみようかな☆